So-net無料ブログ作成

世界お茶まつり2010 その1 [お茶全般]

10/28~31、静岡で開催された世界お茶まつり2010に行きました。
PA300180.jpg-1.jpg
3年前の前回も行ったので今年も行かねばと、新幹線で行ってきました。
いろいろなお茶会に参加できるのですが、人気のブースはすぐにうまってしまいます。
前回は家族と一緒に中途半端な時間に行ったために、
どこのお茶会にも参加できず残念な思いをしたので、
今回は1人で開場時間前に乗り込みました。

まずは、「泡を飲むお茶・ブクブクー茶」のブースへ。
PA300128.jpg-1.jpg
沖縄に行ったときに飲めなかったブクブクー茶を静岡で飲めるなんて。
「ブクブク茶」じゃなくて、「ブクブクー茶」なんですね。

作り方は、
PA300118.jpg-1.jpg
1.煎り米の湯と、さんぴん茶+番茶を1:2の割合で木鉢に注ぐ。
PA300123.jpg-1.jpg
2.茶筅で泡を立てる。
  時計で2~4時の間あたりの壁に、茶筅をぶつけるように動かすのがポイント。
PA300124.jpg-1.jpg
3.小さなお碗にさんぴん茶+番茶をお碗の3分の1程度注ぐ。
PA300125.jpg-1.jpg
4.お赤飯を入れる。
PA300126.jpg-1.jpg
5.泡立てた泡を盛る。
PA300127.jpg-1.jpg
6.刻んだ落花生を振りかけて出来上がり。

茶筅が大きいというのもありますが、思いのほか早くたくさん泡が立ったことにびっくりしました。
抹茶の泡って、手が痛くなるぐらい茶筅を素早く動かしてもなかなか泡立ちませんから。
というのも、沖縄の水は珊瑚礁の影響でカルシウム分を多く含んだ硬水で、
これが滑らかで大きな泡の立つ理由なんだそうです。

泡を飲むのかと思いきや、下のお茶を飲むと、自然と泡も口に入ってきます。
クリームのように柔らかい泡でした。
ちんすこうと一緒にいただきました。

続きはまた今度。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 ←ランキング参加しています。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 2

tina

泡が口元に付いて、泡ひげになりそうですね。
味は甘そうですがどうなんおでしょう?

by tina (2010-11-07 19:43) 

かおり

tina様

ブクブクー茶は甘くないです。
ジャスミン茶の味と、
煎り米の香ばしい味です。
ほんのちょっとのお赤飯も、
いいアクセントになってます。
by かおり (2010-11-07 22:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。