So-net無料ブログ作成
検索選択
お茶全般 ブログトップ
前の10件 | -

グラン・マルシェ2012 [お茶全般]

ルピシアグラン・マルシェ2012に行ってきました。
P6020079.jpg-1.jpg
この時期、例年であればダージリンフェスティバルなのですが、
今年はテーマが「新茶とダージリン」となってはいるもののそれはほんの一部で、
お茶お菓子など、お茶にまつわる様々なものが並んでいました。
P6020082.jpg-1.jpg
目当てだったダージリンの試飲は低価格帯の7~8種しかありませんでした。
P6020080.jpg-1.jpg
高価格帯のダージリンは「極上のダージリン」として、2種ずつお茶会形式での試飲をしていました。
ですが、30分待ちでしたので諦めました。

ダージリンファーストフラッシュといえば青い茶葉が特徴で年々青くなっており、
白い新芽を含む茶葉が多くなってきていましたが、
今年は発酵なのか焙煎の仕方なのかはわかりませんが茶色めの茶葉が多いような気がしました。
実際はどうなのでしょうか。
これが味に影響しているのかどうかは、試飲をほとんどしていないのでよくわかりませんが。

私が購入したのは、ピュッタボン・ハンドロールとシンブーリ・チャイナクラシックです。
ファーストフラッシュといえば私はピュッタボンなので必須です。
シンブーリはクローナル種というイメージなのですが、
チャイナクラシックが中国種のことなのであれば興味深いです。
どちらも試飲できなかったのでこれから飲んでみます。

私はダージリンと日本新茶の試飲&購入で行ったのですが、
ダージリンは今までとは違った形式での試飲方法だったので、
試飲で吟味して購入するということができませんでした。
日本新茶も2種しかありませんでしたので、非常に残念でした。
50g3000円もするようなお茶を何百人に振舞うという、
今までの試飲方法が大盤振る舞いすぎたのかもしれませんが。

しかし、会場はたくさんの人でフレーバードティーやお菓子を楽しんでいる人で溢れていました。
ダージリンや日本新茶に特化するよりはいろいろなものがある方が、
様々な方が楽しむことができてよいのかもしれませんね。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村←ランキング参加しています。
nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

世界お茶まつり2010 その2 [お茶全般]

静岡で開催された世界お茶まつり2010のレポートの続き

次は、
「モロッコのミントティーとインドのチャイ~ハーブと楽しむ緑茶、スパイスと楽しむ紅茶~」のブースへ。

ミントティーってちゃんと飲んだことがないので、とても興味がありました。
PA300130.jpg-1.jpg
材料は、
お茶・・・ガンパウダーという中国の緑茶(火薬の意味で、くるっと丸まった茶葉です)
○砂糖・・・伝統的には2kgの円錐形の砂糖をハンマーで砕いて使うそうです
○ミント・・・フレッシュのスペアミント(ペパーミントではないそうです)
PA300140.jpg-1.jpg
ミントと砂糖をたっぷり使って淹れたミントティーは、想像していたよりも甘かったです。
モロッコではフレッシュのミントがとても安いので、暑さをしのぐ日常茶として飲まれているそうです。

続きはまた今度。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村 ←ランキング参加しています。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

世界お茶まつり2010 その1 [お茶全般]

10/28~31、静岡で開催された世界お茶まつり2010に行きました。
PA300180.jpg-1.jpg
3年前の前回も行ったので今年も行かねばと、新幹線で行ってきました。
いろいろなお茶会に参加できるのですが、人気のブースはすぐにうまってしまいます。
前回は家族と一緒に中途半端な時間に行ったために、
どこのお茶会にも参加できず残念な思いをしたので、
今回は1人で開場時間前に乗り込みました。

まずは、「泡を飲むお茶・ブクブクー茶」のブースへ。
PA300128.jpg-1.jpg
沖縄に行ったときに飲めなかったブクブクー茶を静岡で飲めるなんて。
「ブクブク茶」じゃなくて、「ブクブクー茶」なんですね。

作り方は、
PA300118.jpg-1.jpg
1.煎り米の湯と、さんぴん茶+番茶を1:2の割合で木鉢に注ぐ。
PA300123.jpg-1.jpg
2.茶筅で泡を立てる。
  時計で2~4時の間あたりの壁に、茶筅をぶつけるように動かすのがポイント。
PA300124.jpg-1.jpg
3.小さなお碗にさんぴん茶+番茶をお碗の3分の1程度注ぐ。
PA300125.jpg-1.jpg
4.お赤飯を入れる。
PA300126.jpg-1.jpg
5.泡立てた泡を盛る。
PA300127.jpg-1.jpg
6.刻んだ落花生を振りかけて出来上がり。

茶筅が大きいというのもありますが、思いのほか早くたくさん泡が立ったことにびっくりしました。
抹茶の泡って、手が痛くなるぐらい茶筅を素早く動かしてもなかなか泡立ちませんから。
というのも、沖縄の水は珊瑚礁の影響でカルシウム分を多く含んだ硬水で、
これが滑らかで大きな泡の立つ理由なんだそうです。

泡を飲むのかと思いきや、下のお茶を飲むと、自然と泡も口に入ってきます。
クリームのように柔らかい泡でした。
ちんすこうと一緒にいただきました。

続きはまた今度。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 ←ランキング参加しています。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

グラン・マルシェ2010 [お茶全般]

10/23・24に開催された、ルピシアのグラン・マルシェに行きました。
PA230032.jpg-1.jpg
大阪での開催は今年で3年目でしょうか?
PA230024.jpg-1.jpg
初日の早い時間に行ったからでしょうか、大勢の人で賑わっていました。
PA230020.jpg-1.jpg
緑茶ではなく、紅茶烏龍茶となった様々な産地の日本茶が出ていました。
全部飲み比べしてみたかったです。
国産紅茶は年々美味しくはなっているものの、やっぱりダージリンには勝てません。
製造方法は烏龍茶でしょうが、味が日本緑茶なのはどうしてなんでしょうね。
P1020483.jpg-1.jpg
今回はエコバッグをおみやげにいただきました。
会場内でも使いましたし、家でも使っています。
コンパクトに折りたためるのがなかなかいいです。

子供を抱っこ紐に入れて参加しました。
まだ10ヶ月ですが、家ではありとあらゆるお茶を飲ませており、
茎焙じ茶がいちばんお好みのようです。
こういうお茶のイベントを早く子供と一緒に楽しみたいですね。

にほんブログ村 グルメブログ 紅茶(・お茶)へ
にほんブログ村 ←ランキング参加しています
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お茶のシーンを撮ろう [お茶全般]

またブログをお休みしてしまいました。
7月の記事、なし・・・
もうセカンドフラッシュが出ているというのに、まだ飲んでいません。
買っただけ。
駄目ですね。
ほそぼそとやっていきたいと思います。

先日、叶匠壽庵のカフェに行ったのですが、 お抹茶を7ヶ月の子供に舐めさせてみました。
お茶は私の中で何でもOKとしているので、「お茶だから。」と言いつつ、スプーンで口元へ。
美味しいのか不味いのかよくわからない微妙な顔をしておりました。
良いママは真似しないでね。
言い訳ですが、離乳食はちゃんとやっています。
あげてはいけない物リストであげてしまっているのは、お茶だけですので。

本題ですが、ルピシアのティースクールに初めて行きました。
「お茶まわりを彩る 第3回『ご自分の小物を使って、お茶のシーンを撮ろう♪』」という講座です。
要するに、カメラ講座です。

このブログでお茶の写真をたくさんアップしていますが、いつ見ても「下手くそだなあー。」と。
一眼カメラを持っているにも関わらず、ほとんど使いこなしていないので、
もう少し何とかならないものかとずっと思っていました。
こんな私にもってこいの講座だわと、子供を預けて行ってきました。
P8100207.jpg-1.jpg
第3回なのですが、第1・2回があったのは知らず、いきなり最終回の3回目に行ってしまいました。
小物を持っていくということで、私はてっきりお茶の小物と思い込んでいたのですが、
お茶や茶器は用意してくれており、
箱や造花やアクセサリーなど何でも、自分のお気に入りの小物と一緒にお茶を撮るというものでした。
中国茶器セット一式を持参していった私は浮いてたかも。
聞いてみると、1回目はアイスティー、2回目はホットティーを撮ったということで、
既にお茶と茶器は勉強済だったそうな・・・

P1020012.jpg-1.jpg
これが私の今日のベストショット。
思いっきり普通ですね。
何の遊び心もないというか。
バックに、外の横断歩道を入れて、
都会の喧騒の中、ゆっくりお茶を楽しんでいるシーンを撮ったつもりなのですが、
喧騒の割には人写ってないし、ブラインドと間違われるし。

先生は、「逆光で茶器の陰が素晴らしい。」と褒めて下さいましたが、たまたまなんですけどね。
この先生、Tシャツ、ジーパン、髭、アフロという格好でしたが、
見た目とは相反して、物腰非常に柔らかく、
どの方の写真も、どんだけすごい写真なのかというぐらいのべた褒め状態で、
褒めて伸ばすをまさに実行しているというような、私も子育てに見習いたいくらいの方でした。
P1020017.jpg-1.jpg
他にもいろいろ撮りました。
これは茶葉に焦点を当ててみました。
P1020032.jpg-1.jpg
こちらは工芸茶。
バックの緑を入れてみたかったのです。
P1020040.jpg-1.jpg
レッスンの途中のティータイム。
ダージリン・セカンドフラッシュのタルボ農園と、シフォンケーキ。
1人だけのこんな優雅なティータイムは本当に久し振りで、なんだか泣きたくなってしまいました。

ISO感度、露出補正、ホワイトバランスを学んだのですが、
やっぱり写真はセンスかな。
もう少し素敵な写真がブログにアップできるよう、いろいろ撮っていきたいです。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 ←ランキング参加しています。
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

京都吉田山大茶会 [お茶全般]

6/5・6の2日間に渡って行われた、京都吉田山大茶会に行きました。
P7120050.JPG
吉田神社の境内に20ほどのブースが設けられ、お茶の試飲・販売などを行っていました。
P7100048.jpg-1.jpg
こちらが発起人の岩茶房の左能さん。
独特の語り口で熱弁をふるっておられました。
振舞われた岩茶は石観音でした。
P7100044.jpg-1.jpg
韓国のお茶といえば、
柚子茶やコーン茶などのお茶の葉以外で作られたお茶しか知りませんでしたが、
日本と同じような茶道や煎茶道もあることを初めて知りました。
チマチョゴリに茶筅というのは、何とも不思議な感じがしました。

京都に住んでいる、同級生の親友と一緒に行ったのですが、
大学時代からこの辺りは彼女にとって庭のようなところで、吉田山の中まで熟知しており、
私1人だったら絶対迷っていた山道を散策することができました。
自然の中でいただくお茶は、やはり格別です。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村←ランキング参加しています。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ダージリンを飲む赤ちゃん [お茶全般]

私の子供にもそろそろ母乳とミルク以外の飲み物を与えてみようと思い、
何がいいかと考えてみました。

普通は、
1.湯冷まし
2.麦茶
3.焙じ茶 です。

湯冷ましというのは、沸騰させたお湯を冷ましたものなのですが、
最初、私はこれが何なのかわかりませんでした。
湯冷ましって、日本茶を淹れるときにお湯を冷ますための器ですよね。
ベビー用語って謎なものがいっぱいあります。

赤ちゃんにはカフェインが×なので、この3つが育児雑誌には書いてあるのですが、
水って味ないし、
麦茶ってお茶じゃないし、
焙じ茶だってカフェイン少しあるので矛盾しています。

私らしい飲み物とは?
もちろんダージリンでしょう!

ということで、ダージリン・オータムナル タルボ農園の2煎目をあげることにしました。
カフェインは1煎目でほとんど出てしまいますので、
2煎目なら問題ないというちゃんとした理論に基づいています。

ストローであげてみました。
初ストローなのに上手に吸ってくれましたが、全部口から出してしまいました。
ストロー飲みがうまくできないんだと思い、哺乳瓶であげてみました。
いくらくわえさせても減りません。

どうやらお気に召さない模様。
ダージリンの美味しさがわからないなんて、まだまだ子供ね。
って、まだ赤ちゃんですって。
今度は、今年の新茶のファーストフラッシュを試してみようかしらん[揺れるハート]

P1010508.jpg-1.jpg
「ダージリンが気に入らず、ふて寝する息子」の図。
赤ちゃん用の蓋付きマグカップをまだ買っていないので、
無理矢理ペットボトル用のストローをグラスに注してみました。
この後、私がごそごそしていたために目が覚め、グラスに手が当たって落下。
まあ、予想してましたけれどね。

私の子供がカメリアシネンシス以外の飲み物を口にするのが納得いかなかった、
親のエゴからやってみたことですので、
皆さんは普通に麦茶からお願いしますね。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 ←ランキング参加しています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

グラン・マルシェ2009 [お茶全般]

ルピシアのグラン・マルシェに行きました。
今年は、東京大阪以外に、名古屋札幌仙台でも開催されました。
PA240009.JPG
ダージリンセカンドフラッシュとアッサム夏摘みを買おうと思っていたのですが、
時期的にもう遅かったようで、ほとんど販売されていませんでした。
PA240003.JPG
ハロウィーンですね。
いもくりかぼ茶という、お芋と栗とかぼちゃの香りのルイボスティーです。
PA240004.JPG
新作のトマトのフレーバードティー。
トマトの香りのお茶って、斬新ですね。
爽やかな甘みの香りでした。

PA240014.jpg-1.jpg
いただいたプレゼント
ティーバッグとティーバッグトレイ。
春のダージリン・フェスティバルと同じじゃないの。

国産紅茶と国産烏龍茶のコーナーが私はいちばん興味深かったです。
国産紅茶はまだまだ不味いというのが私のイメージでしたが、
試飲でいただいた、玉露の茶葉を紅茶に仕上げた伊勢玉露紅茶はなかなかでした。
私は宮崎県の五ヶ瀬烏龍茶みなみさやかを買いました。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ダージリン・フェスティバル2009 [お茶全般]

毎年恒例の、ルピシアダージリンフェスティバルに行きました。
今年で4回目。
P5310005-1.jpg
春摘みダージリンの試飲がメインですが、ニルギリ紅茶、日本新茶、台湾新茶も出ていました。
P5310007-1.jpg
多勢の人にお茶を淹れなければならないので、
どんなお茶もハンディクーラーという1ℓガラスの縦長ポットで淹れています。
たくさんの量を淹れるというのは非常に難しいということはわかっているのですが、
美味しく淹れられていないものがたくさんありました。

特に日本茶の玉露はもったいなかったです。
薄くて、玉露の旨みが全く出ていませんでした。
あれだけの良い茶葉を大量に使っているにもかかわらず、
お茶の持っている力が十分に発揮されていないのは、
お茶好きな私からすると残念に思えてなりませんでした。
試飲は買ってもらうために行うものですから、美味しく淹れなければ意味がありません。
玉露なんてじっくり飲んだことのない人も多勢いるはずです。
これが玉露の味か、美味しくないなと思われてしまったのではないかと、悲しく感じました。
P6010009-1.jpg
いただいたプレゼント
ティーバッグとティーバッグトレイ。

そろそろ春摘みの味も知られるところになったのではないかと思いますので、
次は、夏摘みや秋摘みの試飲会を開催して欲しいなあと思います。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

グラン・マルシェ [お茶全般]

ルピシアイベント、グラン・マルシェに行ってきました。
10/25(土)・26(日)の2日間の開催です。
PA250261-1.jpg
今回はダージリンとか岩茶とかに限らず、
ルピシアで取り扱っているお茶のいろいろが楽しめるイベントでした。

PA250259-1.jpg
サントリーと共同開発した武夷岩茶の瓶入りドリンクが、昨年は大紅袍だけでしたが、
新しく老叢水仙と武夷肉桂も登場していました。
飲んでみたいなあ。
PA250263-1.jpg
鬪茶や、男性のためのお茶教室などのコーナーなど、いろいろなコーナーがありましたが、
いちばん人気のあったのは地域限定茶のコーナーでした。
各地のショップに行かないと買うことのできないお茶が特別に販売されていました。
PA250266-1.jpg
入り口でお口直し用のお菓子がもらえ、出口でおみやげのマグカップがもらえました。
ルピシアのお茶を使って、
カップケーキで有名なノッティング・ヒルが作ったパウンドケーキを買いました。
来年には台湾と武夷山に行くツアーも催行されるようです。

お茶ってひとことで言っても、お茶を中心に、お菓子であったり、旅であったり、器であったり、
様々な世界があることを感じさせてくれるイベントでした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - お茶全般 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。