So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ルピシア・ボンマルシェ [茶館]

代官山に今年の4月にオープンしたルピシア・ボンマルシェに行きました。
P6210297-1.jpg
このお店は、他のルピシア店舗とは違い、新商品は一切おいていません。
賞味期限が近い物、季節限定商品、箱に傷がある物などを販売しています。
また、他メーカーの食器や食品などもあります。
P6210296-1.jpg
かなりのお手頃価格で、茶葉の秤り売りもしていました。
毎日たくさん飲みたい方にはいいかもしれません。
P6210299-1.jpg
桜の散ったときから販売のできない、桜商品がたくさんありました。
ティーバッグは40%引きになっていて、まとめ買いをしている方もいらっしゃいました。

今までだとブランドイメージがあり、賞味期限間近の物、季節外れの物、傷のある物などは、
大幅な割引をできないお店もありました。
郊外に大規模なアウトレットもできたことにより、こういった考え方も見直されました。
ゴディバが御殿場プレミアム・アウトレットにお店を出したというニュースを見たとき、
食品業界で、それもゴディバという高級チョコレート店が、思い切った出店をしたなあと思いました。
バレンタインやクリスマスなどの期間限定商品の売れ残りがゴディバにはたくさん出るそうです。
当然デパートなどではバレンタインであれば2/14までしか販売できない訳ですから、
その後、売れ残った商品はどうしたらいいの?となります。
ゴディバに限らず、あらゆるメーカーが在庫をたくさん抱えており、それをどうするかが問題でした。
これを安く販売することにより、メーカーも在庫が減り、消費者は良い物を安く買えるなんて、
何と素晴らしいことでしょう!

正直言うと、こういう店舗形態はお店側の勝手な在庫一掃だと思っているので、
こういったことがエコに繋がるとは私は考えていません。
私は自分で食事の買い物に行くようになった8年前からずっとレジ袋はもらっていませんし、
無駄な物は買わずに全部食べきる・使い切る、それが私の中では当然だったので、
今のエコブームが変に思えてなりません。
レジ袋を有料化したのだってお店側の経費削減だろうし、
マイバッグを販売しているのはお店の儲けのためなのではないかと考えてしまいます。
高価なマイバッグを持つことがステイタスみたいになっているのは、もはや本末転倒です。

でも、今までだったら捨ててしまっていたかもしれない物を大切にすることは、
自分がエコと思っていなくても大事なことですよね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。